パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記1<出発〜パリ到着>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


****************************


パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 1
<出発〜パリ到着>

*****************************

現地から、ケイタイ電話でタイムリーに旅のブログ(ぼやき)を更新していましが、
ちゃんと残しおくべきと、
再度<後記>として記録することにしました。

1日目から7日目まで、スクロールして見られるように
イッキに更新しましたが、
(帰国後忘れないうちにと少しずつ書いてました)
すでに現地でのブログを見ていただいた方には、
「しつこーい」って言われちゃいそうですね。

サラッと飛ばしてね!
(*^_^*)


*****************************



<初めに>

突然、パリへ行くことを決めたのは、出発から6日前かな?


もう何度も言っていますが、
急遽決まった日程での一人旅。

いつか行きたいと思っていたパリの「針の祭典」へ。

ふと、
「あー、そろそろ見本市の時期だな」
「あれ、もう終わったのかな、今年はどんな感じだったのかな」と
サイトを調べてみたら・・・。

「まだじゃん!これからなんだぁ!」

一週間後かぁ。

行けるな。
まさか・・・。

いや、行けるよ。
うん、行ける!

ちょうど、仙台は冬本番で、
雪が降ったり、インフルエンザでお子さんが休みになったりで、
ご予約もキャンセルが増えていました。

そう。
商売って2月と8月は閑散期。

思い切って休んで行っちゃおうかな。

ちょうどフランスからの輸入のことで、
いろいろな人に会ったり、紹介の紹介で連絡を取りあったりしている中、
パリ在住の清水さんとも頻繁にメールでやり取りをしていたのです。


もう落ち着かない。

いやいや落ち着いて・・・。

まずは、ご飯の支度をして、冷静にならなきゃ。
主人に相談してみよう。


帰って来た主人に
「パリ行っていい?」

「パ、パリー?1人で??大丈夫なのー??」

むむむ。これって、OKっぽいぞ。

頭ごなしにダメと言わないから、大好き。

食事しながらゆっくり説明して、承諾を得ました。


行きたい気持ちはずっとずっと、
ずーと、ありました。

でも、パリなんて実際に自分が行く場所ではないと思っていました。
現実的ではなかったというか。

もっと若いころ、独身時代に行っておけばよかったなぁ。
とか、
いつか行けたらいいなぁ。
という感じでした。

でも、今回は何でしょうか。

行ける、行かなきゃ!と強く思いました。


海外旅行は独身時代にグアムに1度。
新婚旅行でハワイ。
今回3回目です。

フランス語はおろか英語だって中学生レベル。


そんな私が、パリに一人で行くことになったのです。


*******************************


2012年2月9日(木)

お店を通常通り、17時で閉店して、
その日の夜22時20分の深夜高速バスで仙台駅から成田空港へ。




成田空港に早朝6時に到着。

ケイタイ電話のレンタルKDDIのショップも、
空港内の他のお店も7時オープンなので、
1時間ぼんやり。

無事にレンタル、両替、海外旅行保険など、
諸手続きを済ませて、9時ごろようやく朝マックです!

11時半の飛行機で、いざパリへ!

なんだか、搭乗前に不安になって、
元気な姿を写真におさめなければ!
これが最後の私です・・・、みたいな。




覚悟を決めて、搭乗です。
もう、後戻りはできません!!

大げさです。

さようならー・・・。





離陸の時、うぉーーーーー、死ぬーーー。
となりましたが、
しばらくしてビールを飲んだらすっかりご機嫌。
(*^_^*)
パリに着くまで刺しゅうをしましょう。
12時間の空の旅です。





1時間半くらいしたら、機内食!
わーい、わーい。
(*^_^*)

一人だから、これら喜怒哀楽の感情は閉じ込めて、
ポーカーフェイス。

「あら、今回はこんな感じなのね」みたいに、
少々気取っています。
なはは。





おいしいな。


隣のご夫婦が寝たり起きたりする中、私はほとんど寝ずに刺しゅうをしていました。

あまりの集中力に、隣の奥様が、

「すごいですね〜」と。

そこから、少しお話することができました。

年に1度程度、お仲間と海外を旅するそうです。




到着の2時間くらいまえに、2度目の機内食。

ぺろっと平らげたら、
なんだかようやく睡魔が。

30分くらい寝ました。

あまり、寝てしまうとパリ到着が夕方なので、
ホテルで一人眠れなくなると思って頑張りました。

*******************************




パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着したのは、
10日の午後16時ごろでした。

12時間のフライトで、時差が−8時間。

空港からパリの中心地オペラ駅まで直行する
ロワシーバスというのに奇跡的にスムーズに乗ることができました。

オペラ駅から、タクシーでホテルまで。




ベストウエスタンのプチホテルです。
小さいけれど、私には充分です。




1人なのに、ツインです。

航空券とホテルのセットでチケットをとったので、
一人だと追加料金が発生するんですよね。
シングルでいいのにな。

でもゆったりした部屋でうれしいです。

廊下も部屋もとても良い香りがします。



部屋の窓からは、中庭をはさんで向かいの部屋の窓。

荷物から衣類などを出して、
洗面所やデスクに必要なものを配置して、自分のお城を築きました。

ここで1週間、過ごすのです。

ほっとしたら、眠くなりました。
シャワー浴びて、すぐ寝てしまいました。


明日から。
(*^_^*)


<パリ2日目>へつづく




仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 20:14 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記2<パリ2日目>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 2
<パリ2日目>

おはようございます!
パ、パリ、パリの朝です。

「しんじられなーい!」
(朝なのに、ヒルマン監督)






5時に目が覚めてしまいました。

ayumiちゃんが心配してくれていましたが、
部屋ではちゃんとコーヒーが飲めました!


1階の食堂で、7時半から10時まで朝ごはん。











クロワッサンがとても美味しくてビックリ!
いろいろありました。全部食べたい・・・。

たくさん取ってしまいました。

クレープもおいしいな。
一瞬、なにをどうやって食べるのかわかりませんでしたが、
なんとか・・・・。


カロリー高そうだぁ。
(+_+)






パリはこの時期(2月)、日の出が8時ごろ。
ずっと暗いので、お天気が悪いのかと思いきや、
8時を少し過ぎたら、パーっと明るくなりました。

少し寒いですが、思っていたほどではありません。

手が寒い。
飛行機の中か、空港で手袋を失くしてしまったようです・・・。




10時に、
コーディネーターをお願いしました清水さんと合流して、
カフェで打ち合わせ。




清水さんは、フランス人の奥様が手芸好きで、
奥様のお母様が刺しゅうしたという年代物のフキンや
奥様がクロスステッチしたタオルを見せてくれました。

今回、「針の祭典」のチケットをとっていただいて、
初日の今日は同行していただきます。

本当に、心強いです。

清水さんとのご縁がなければ、今回のフランス行きは無かったでしょう。

時差がある中、事前のメールのやり取りなども頻繁にさせていただきました。
ありがとうございます。

一人で行動することが多いので、何かあったらすぐに連絡をとれるというのが、
とても安心です。

よろしくお願いいたします!!






ホテルのある通りは、楽器の工房が多く並んでいます。


途中、なんと、路上で手袋売ってて。









8ユーロで、牛革の手袋買えました!
やったね。
暖かい♪


 
移動はメトロ。
地下鉄はどこまで乗っても一律の料金。

東京より分かりやすい!

そして、パリの人ってそんなに背が高くなくて、
なんというか、

身なりも地味で庶民的(?)

モデルみたいな人ばかりかと思ってましたが、
私並に足が短めの人もいて!

なはは。
失礼ですよねぇ。
(o^-^o)




1回乗り換えて、「Port De Pantin」駅で下車。

ラ・ウ゛ィレット公園内にあるグラン・アール。
ホテルから30分くらいで、「針の祭典」の会場に到着しました。




あれれ。
日本のホビーショーにくらべたら意外と人が少ないなぁ。
平日だからかな?



ミドリのバンドが入場チケット。

これ、要注意ですよ!

一度付けると、ハサミを入れないと取れないらしいので、
バッグに付けました!


入場してすぐにハイテンション!

かわいい刺繍がたくさんたくさん!















1日目の今日は、大興奮で、あまり写真を撮れなかった!!
明日以降、頑張って撮らせてもらいますね!!







エクルでもかかせない、エルズーム。(レンズ付き照明器具)

ほぼ、同じ。

パリのマダム達も食い入るように見ていました。

「これ、必要よねぇ」という感じ。

私もまだ視力は衰えていませんが、いつか行く道。

手芸好きな人は、何歳になろうが、老眼になろうが、
細かい手仕事をするものです。

こういう技術が進歩しているので、
将来、とても安心です♪
(*^_^*)



********************************

夕方6時くらいまで、ゆっくり見学して、
近くのカフェで夕飯。

プレートのお肉をいただきました。
(写真なし・・・)

*今思えば、この日の夕飯が一番豪華でした・・・。


8時ごろにホテルに着きました。

すばらしい刺しゅうをたくさん見たので、
頭がぼんやり。

忘れてしまうのが怖い。
夢のように時が過ぎ去り、一日あっと言う間に終わってしまいました。

(*^_^*)


<パリ3日目>へ続く



仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 18:22 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記3<パリ3日目>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 3
<パリ3日目>

今日はパリ、土曜日です。
「針の祭典」、2日目。

寒いです!!
今日は、寒いですー!!!!





寒さ、伝わりませんよねぇぇ×××。
何度なんだろう。

仙台より5度くらい寒い感じです。

確実に0度以下ですぅぅぅ。
ぶるぶるぶる。




Mのマークが地下鉄です。
マックじゃないよ。
(*^_^*)






1回乗り換えて、



到着。


昨日と同じ道を今日は一人で。
地下鉄に乗って、
目的地に無事に着きました!!

ホメテ〜!!
(*^_^*)

一人で来れたぁ
(*^_^*)


少し余裕を持ってホテルを出ましたので、
早く着き過ぎ・・・。

寒くて待ってられない。
会場の敷地横にあるカフェ!

勇気をだして、入りました。










「アン カフェ クレーム シルブプレ」
にチャレンジする時がやってきました!

が、しかし
私と同様に寒さしのぎのお客さんで、ワサワサしていて、
店員さんが来ません。

実はまだコーヒーを飲みたくないので、
ここは暖だけとらせてもらって、
ヒッソリ気配を消してみようかな。



おーまいがー。
イケメン店員来ちゃいました。



と、撮られ慣れてる??
さっと、ハスに構えて、ポーズとってくれました・・・。
ムッシュムラムラ!
カーックイイ〜っ!
(*^_^*)






注文出来ました♪
テヘ
テヘ
(o^-^o)






昨日は会場内、とても空いていて「あれれ」という感じでしたが、
今日は、入り口から長蛇の列。

私としては、
人気のあるブースがわかるので、来場者は多い方がマルです。

年齢層が高い。

40歳〜70歳というところでしょうか。

エクルのお客様の平均よりも少し上の気がしますね。


今日もじっくり、作品や材料を見てまわりたいと思います!!





















↑左から2番目が、Marie suarezさん。

http://www.mariesuarez.com/

以前からファンで、エクルにも私が昨年夏に刺したものが展示してあります。




これ、エクル入り口右にあります♪
やさしい色合いがお気に入りです。




こちらの図案集に図案あります。
どれも素敵ですよ〜。



今回はチャートを少し持ち帰りました。

デザイナーの方に会えて、写真も撮らせてもらって。
とても感激しました!

******************************

10時から、休憩もせずに2時まで歩きまわったのでくたびれました〜。

会場内に休憩スペースと、ちょっとした食べ物が買えそうだったので、
行ってみました。









でかいです・・・・・。

あごが・・・・、疲れて・・・・、
半分でギブアップ。

歩いてないと、寒い。

またブース巡りします。


*****************************








そして今日は、素晴らしいキルトの存在を初めて知ることになりました。

広いfeteの会場の壁いっぱいにパッチワークキルトのタペストリーがズラリと展示してあって。

それらがすべて、なんと石巻に送るために作られたそうです。

その経緯を聞いて、涙が止まらなくて。

詳しくは帰国後改めますが。

約一年間で8000枚のキルトが世界中から集まったのだそうです。

キルトを繋げてタペストリーが140枚。
そのキルトがデザインされたポストカードが一枚1ユーロ。
(通常は4枚で500円)
石巻にキルトを送る資金集めの活動だそうです。

140枚のキルトを石巻に送るのに、40万円かかるそうです。

販売していたフランス人の手のひらに
「ishinomaki」の文字がマジックで書いてありました。

日本で声を発した方がクリブキルト代表の
若林雅子さん。










20分ほどお話が出来ました。

エクルでも、資金集めのポストカードの販売を協力させてもらうことを願いでました。

まさか、パリの見本市の会場で
「石巻」に贈られようとしているキルトを見ることになるとは。

キルトに手書きされたメッセージ。
良く読めませんでしたが、しばらくその場から動けなくなってしまいました。








帰国後、
ポストカード100セットが届きました。

エクルでの少しだけお手伝いさせていただきます。
ご賛同いただける方はお願いします。

*2枚¥250(4種類ありますが、本当は4枚セットで¥500なので、偏らないように、
デザインは上から順番に販売させていただきます)

ご協力をお願いします。




******************************

7時の閉会時間まで、会場にいました。
帰りはホテル近くのスーパーマーケットへ!








のどが渇いて死にそう・・・。

水を・・・。

いや、ビールを・・・。

ハイネケン(それしか分かるのなかった!)と
軽そうなスナックを買いました。

昼に残した冷たいビッグなサンドイッチがあるのでそれも食べなきゃ。

店内には温めて食べれるレトルトのラザニアやパスタなどがたくさんあったので、
電子レンジを探しましたが…。

!!!!

スピードラーニングのお試しCDで、
電子レンジをマイクロウェーブと言っていたような気がしたので、
店員さんに聞いてみましたが、
「あんた、何言ってるだい?よく分からないけど、ここで食べちゃダメだよ」
みたいな感じで言われたようです。

ウィ、ウィ。(ハイ、ハイ)と言って後退り。






今日の夕飯はこんな感じです。


本日、一人で無事に活動できました!

おやすみなさい。
(*^_^*)



<パリ4日目>へ続く



仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 15:36 | パリの祭典 | comments(2) | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記4<パリ4日目>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 4
<パリ4日目>

今日は日曜日。
「針の祭典」も最終日です。

ちょっとさみしいなぁ。

スリが多いとあんなに心配していた地下鉄も、
3日目にして、もう慣れたものです。

とても便利で、どこへでも一律の金額で行けちゃう地下鉄。
ただ、地下なのでパリの街並みが見られないのが残念!

次はバスに乗れるようにならないと〜。
景色も見られてきっと良いはず。
「地球の歩き方」にも書いてありました。

「バスを乗りこなせればパリ通」と。

さて、会場。

今日は前日までに見たブースで、気に入ったデザインを再度確認して、
キットやチャートを少し購入しようと思っています。

やはり、かわいいなぁと思うデザインのブースには、
人がたくさん集まっていますので、ブースの場所もすぐにわかります。








Rouge du Rhinは、憧れのデザイン。

ここには、実際に見てみたいと思っていたエプロンも全色展示があって、

「あー、やっぱり来て良かった」と改めて思いました。

こんなに素敵な刺しゅうのエプロンは、ちょっと使えなそうですけど♪
(*^_^*)




後ろのアルファベットデザインも刺したモノが見られれて幸せでした。

エプロンも、文字のチャートも少しずつ持ち帰りました。



後述:5日目にアトリエを訪問しています!


*******************************





そして、このナイスカップルは、木工のクラフト屋さん。

ハートのフレームや、小さい木のボタンやベルプルなどを
ご主人が切りだして、奥さんがペイント。

作品(製品)にも惚れましたが、ご主人の仕事に対する熱意みたいなものを
数分で感じ取ることができて、とても好感を持ちました。

まじめに一生懸命やってるなぁ。と思いました。

エクルでも取り扱いのあるハートの図案集。
作品はほとんどが、こちらの額に納められています。



↑これは、帰国後エクルで撮った写真ですが、
購入してきたハートの額がちゃんと載ってました。



とても良く出来てます!

全てフランス製、しかも1つ1つ手作りです。

見本市会場では、刺しゅうの作品に縫い留めていました。(ボタンホールあり)

*****************************





そして、コチラのブースも大人気♪
本当に、全部がかわいくて最高でした。
写真じゃ、お伝えしきれないです。きっと。

私が、何かサンプルとして刺せばいいのですよね〜。
(*^_^*)

やることいっぱいだぁ・・・・・。



「Des Historires A Broder」


図案と生地と糸とチャームがセットになったものがメイン。

赤と白、それにリボンやボタンなど小物をうまく使って、アレンジ。

全て、手作業でセットしているキットです。

お値段は3200〜3800円くらいになりますが、
デザインもオリジナルだし、
手作業でセットしていることを考えればとても良心的な価格だと思います。





ぜひ、少し持ち帰っていますので、見に来てくださいね!
今回は、現地価格と変わらない特別価格で販売しています。


********************************




そして、こちらのブースも目立っていました。

「Madame la fee」


この笑顔が最高ですよね、デザイナーの女性です。
ずっと一人でお客様の相手をしていました。

ここは、3日間何度も訪れましたが、毎回とても楽しい気分になりました。



立体的に見せるデザインが得意みたいです。
これは、ひときわ目を見張る作品でした。



これも素敵。



これも。
(*^_^*)

******************************



「Reflets de soie」


こちら、私の一番のお気に入り。
女性検事みたいな知的な雰囲気のデザイナー。
ファンになりました。

プチポワンですごいです。

デザイナーの右後ろ上に映っている作品・・・。
他も、全部。
感動しました。

刺したい、刺したい。

とても細かいです。

何年かかかると思いますが、刺してエクルに飾りたいです。
こんな作品でエクルの壁を埋め尽くしたい・・・・。


*******************************

あー、充実した3日間。

「来て良かった、来て良かった」と、ビールを飲みながら。

もう、夜にパンは食べたくないです。

途中に見つけたチャイニーズのお惣菜屋さんで白飯とガッツリ濃い味のお惣菜。
エビのから揚げみたいなの、とても美味しかったです!








テレビは天気予報。
画面いっぱい、迫力あります!
が、わかりずらい。
あんなにくっきり、雨と晴れがわかれてるのかなぁ。

すぐに画面がかわってしまって、謎のまま。

またしても

モヤモヤ。
モヤモヤ。


本日も
満足!&満腹!

熟睡できそうです!
(*^_^*)


<パリ5日目>へ続く



仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 23:45 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記5<パリ5日目>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 5
<パリ5日目>





昨日で、「針の祭典」はおわり。

今回の旅の最大の目的を達成して、
今日からはパリのメルスリー(手芸屋さん)巡りです♪


朝5時に起きて、昨日までの資料を整理して、
いつもの朝食を食べて、9時半ごろ出発!

地下鉄opera駅で降りました!

opera駅はその名のとおり、オペラ座(ガルニエ)の目の前です。




↑写真正面奥がオペラ座ガルニエ、手前右下が地下鉄の入り口。




地下鉄の駅入り口を中心に、放射線状に広がる道路。
逆光になってしまいましたが。












↓オペラ座建物








憧れちゃうなぁ。オペラ座でバレー鑑賞。
入ってみたいな〜。
(*^_^*)


と、ひとしきり写真に収めて、
opera駅から徒歩10分くらいのボタン&リボンの専門店、
「ULTRA MOD&MERCERIE」へ。





こういう大きなショーウインド。
エクルがもう少し広ければこんな感じを夢見てました♪







リボンやテープがたくさん!!



ボタンもたくさん!!














少しだけ、お買い上げ♪

こちらには、日本人のスタッフが2名いらっしゃいましたよ。

お客様も次から次へと日本人!!

ガイドブックにも載っている有名店です。

歴史を感じる、古い静かな図書館のような素敵な空間でした。


ありがとうございました。
(*^_^*)


***************************:
*****************************

どうやらこの近くは、日本のお店が多いようです。
有名なのかな。



沖縄という名の・・・・・、



お寿司屋さん・・・・・。

そして、



「こってりラーメン」というラーメン屋さん。



我慢できずに入ってしまいました。
スタッフ全員日本人。
(*^_^*)


味噌、味噌。
あーこの味。

うめーなー。

あわてて、お箸をぶっさしたままで失礼しました・・・。
ちょっと濃くてしょっぱかったけど、美味しくいただきました。

日本人のお客さんが多いけど、フランス人もお箸で上手にぺロリ。

ラーメンはすっかり日本食。

*******************************




↑ここは何だろう。
やはり、有名なお屋敷なのかなぁ。




交差点のカフェの前に置かれた樽のテーブル。

ランチの後のコーヒーなのでしょうか。

ん?
このキミドリ色の飲み物は何ですか????
コーヒーカップの数と同じだから、お冷的なもの???

モヤモヤ。
モヤモヤ。


*******************************




次は「Des fils et une aiguille」へ。

店内の写真はnoと言われましたので、外観と、



店長とスタッフーの写真!

昨日まで、「針の祭典」に出展されていました。

こちらも本当に素敵なお店。
特に、リネンを収納していた木製の家具にガラスの扉がついた什器が
とても素晴らしかったです。

******************************


コーヒー飲みたくなりまして、スタバに入りました。

また、ここのイスやら、カウンターやら、天井やら、照明やらが素晴らしい。
デコデコのモリモリ。

そして、パリのスタバの店員はゆるーいです。
すごくゆったりしてますね。
ソイラテ頼んだんですが、出てくるの、おっそーっ。

他のお客さんもずっと待ってる。
文句も云わずに。

日本人よりおだやかだなぁ。

あー、フランス。
とても居心地がいいな。




スタバの天井。



店内が混んでいたので、どうしても人を撮ってしまう感じになるので、
カメラは天井を向けて。

これだけでも「荘厳なスタバ」の雰囲気がお伝え出来ていると思います!

美術館でコーヒーをいただいている感じです。

1時間ほど資料整理などしながらゆっくりお茶を飲んで、
今日は少々疲労を感じるので、これで帰ります。

とopera駅から地下鉄に乗ろうを思ったのですが。




気になる。
オペラ座。

末席が10ユーロということで、観ることにしました、オペラ。

本当はバレーが良かったですが、ないそうです。

チケットは買ったのですが、
入り口が18時半にならないとオープンしないというので、
脇の入り口から入れるオペラ座のお土産屋さんでプラプラ。










naoちゃんおすすめの紅茶、マリアージュのオペラっていうのを
石巻の実家と多賀城のおばちゃんにお土産。

そして、いよいよオペラ座の中へ。

チケット買う前に、警備の人に「こんなカジュアルな感じでよいのー?」と
上目遣い気味に聞いてみましたがOKみたい。

ノープロブレム。

いざいざ!















↑有名なシャガールの天井画。




2時間半。

オペラとはなんぞやもわからないし、言葉も。
イタリア語なのかフランス語なのかも定かでなくて・・・。

でも、この場所に居ることに大満足。

*****************************


すっかり遅くなってしまい、ホテル近くのスーパーが閉まってる!

どうしよう。

今日は持ってきたミニどんべいを食べて早めに寝ますね。

本日も無事に終了です。


<パリ6日目>へ続く



仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 20:58 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記6<パリ6日目>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 6
<パリ6日目>









6日目は、現地コーディネーターをお願いした清水さんと再び合流です。

10時半にホテルまで来ていただき、
今日はタクシーで出かけます。

「針の祭典」見てみたかったブランドの1つ、
「Rouge du Rhin」のアトリエに行けることになったのです。

「針の祭典」で4日間も出展していて、
私なんかよりももっとお疲れのことと思われる
オーナーのマリアンヌさんとマリーさん。

快く出迎えてくれました。

アトリエには、
一昨日まで展示されていた刺しゅう作品の数々が!
もっと近く、手に届くところで「じーっ」と見ることができました。

もう、言葉が通じなくても、笑顔と刺しゅうで、
何時間でも一緒に居られそう。

開業当時から人気のマンスリーのハートの図案。
このデザインは、クロスステッチ用と、フランス刺しゅうの2パターンあります。

コレに関しては、フランス刺しゅうの方が素敵かなぁ。
早く刺せそうだし。

小さなハートに夢がたくさん詰まっている、
本当に憧れのステッチです。

Rouge du Rhin とは、
赤いライン川という意味だそうです。

イニシャル刺しゅうなど、刺しゅうと言えば赤い糸。
染色のためにライン川が真っ赤になったというエピソード。

日本の藍染の紺色と同じように、フランスでは赤い「染め」の伝統。

特にRouge du Rhin では、
私も大好きで良く使うDMC498番の指定が多いようです。

単色刺しの図案はもちろん、多色の図案も洗練されています。



この大きな巻き糸は、DMCの25番ですよ!
ずっしり重い。出番を待ちます。



そして、マリーさんにお願いして目の前でクロスステッチを刺していただきました。

色変えの時に、私は当然布の裏の刺し目に糸を渡していたのですが、
マリーさんは、表の目の下を通して目的の位置を目指していました。

「こうすれば、裏もキレイよ」と。

なるほど〜。
裏側の目に、別の色の糸が混ざらない。

エクルでは(私は)、
「楽しく、リズム良く、ストレスフリー」をモットーにしています。
あまり裏を気にし過ぎて、リズムを崩すことを嫌っています。

でもこれは、勉強になりました!!
(ちゃんと理解できたかなぁ。復習してみます)

ありがとうございました。

(*^_^*)



↑これ、すごーく良い写真じゃないですか?この旅行で撮った写真で一番好きかな。
(左:オーナーのマリアンヌさん、右:マリーさん)


最高の時間をありがとうございました。
(*^_^*)

マリアンヌさんの運転で送っていただいちゃいました♪


********************************


そして、清水さんとお昼ごはん。



6日目にして、初めてのカフェランチ!
(なんと、清水さんにごちそうになってしまいました!)
(うー、私がお世話になっているのに・・・。ありがとうございました。)

白身魚のムニエルとニンジンのなんとか。
クリームソースがとっても美味しかったです。
米は長いね・・・。
ソースにからめる前提なので、パラパラ米。

フランスは、多くはスペインなどから米を輸入しているそうです。
なるほど、パエリアの国から。

清水さんと別れて、また一人で動きます。
ありがとうございました。
(*^_^*)


あまり、時間がないのに、ホテルに戻ってしまったのが間違いだった!!

キレイにメイキングされたベッドを見たら、
睡魔が。

ちょっとだけ・・・・。
(-_-)zzz


40分くらい寝てしまいました。
(@_@;)


さて、すっきりしたところで出発です。

ホテル最寄の地下鉄「Europe」駅から2回乗り換えて、
地下鉄「Bastille」駅へ。


地図を何度も確認して、最初の一歩を間違えないように。
大丈夫。
行けそう。
(*^_^*)

安心して、周りを見る余裕も。

え??
なにこれ??


わかりますか?

パリって、建物がどっしりしていて素晴らしいなぁ。
と思っていたのですが・・・。

こんなのあるんだ〜。

「ハリボテかよっ!」


道行く人に振り替えられるも、
ここにきて一番の「でっかい独り言」。

気になる、気になる。
あの部屋、どうなってんだろう???

モヤモヤ。
モヤモヤ。



なんとか、モヤモヤをふっ切って。


10分くらい歩いて、目的地着。







「Le Bonheur des Dames」ボヌール・デ・ダム。

鉄道の高架下の超有名なクロスステッチのお店です。

ここは、ずーと来てみたくて。本当に夢がかなった瞬間でした。
古いカタログの表紙がこのアングル。

まさか、来ることができるとは。

しばらく、写真で見ていたこの外観にうっとり。
入るのがモッタイナイ。
あー、日が暮れる・・・。

グーグルマップ
↑ストリートビューで見てみて〜(*^_^*)
(人のイラストをドラッグして、左上のダイヤルをクルクルまわすの)


高架下とはいえ、
上野や新橋あたりの感じをイメージしてもらっては困りますよ〜。

天井が高くて、広ーいです。
どこで視線を留めればよいのかわからず、ぐるぐると目がまわりそう。
こちらをみては、あちらが気になり。
手に取りながらも、遠くの棚が目に入り・・・。
オーマイガー!

ココニスミタイ。





ずっとカタログをみて憧れていたデザイン。
よく知っています。
特に、冬のデザイン。
ソリやスキーやスケート。
子供たちが遊ぶデザインが大好きです。

多くが「キット」になっているので、ちょっと高額。

それに、種類がとても多いので、エクルでは在庫はできませんが、
今後ご予約販売を予定しています。
カタログがありますので、見に来てくださいね。

または、↓
ボヌールデダムのホームページで!

(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

本当に日が暮れてしまいそう。
急がなければ!!

バスチーユ広場に戻ります。



フランス革命の発端となったバスチーユ監獄があった場所ですね。
それしか知らん。

ここからマレ地区へ。

次に行く手芸屋さんは
「Entree des Fournisseurs」

迷いました。

バスチーユ広場は、やっぱり放射線状に道路が交差しているので、
どの道か、出だしを間違えると永遠に着きません!!

そして、私も、2回振り出しに戻って・・・。
永遠に着かないのではと、半べそ。

暗くなっちゃって。

「初めてのお使い」でべそをかく子供のように。
そんな時って、絶望的な感情になりますね。

やっと辿り着いて時計を見たら、19時5分。
19時で閉店と、事前に調べていました。

ひるまん監督登場。
「しんじられなーい!」





でも、でも、明りついてるよ。
開いてるんじゃない??

覗いたら、カウンターで2人がしゃべってる!

ドアを開けてみる。

ガタっ。
ガタっ、ガタ。

しまってる。

ドアをガチャガチャしてしまったので、
店員さんとガラス越しに目が合う。

むーーーーーーし!

ですよね、お疲れ様ですよね。ですよね・・・・。


泣きそう。

あー、あそこで迷わなければ、とか、
昼寝しなければ、とか。

ううう。
こんちくしょうめ(毒吐く)

ま、いいか。

また、次回っだ、ンにゃろうめ!(毒吐く)
(*^_^*)


このお店は、場所がとても素敵。
外観が見られたから、良しとしましょう!


エクルに来てくれるお客様。
私にはわからない、来てくれるまでの「過程」があるのかもしれない。
遠くから、予定をたてて来てくれているお客様もいるのかもしれない。
感謝して、お迎えしようと心に誓いました。


旅も終盤、センチメンタルジャーニー。
その感傷的な気分にどっぷり浸りながら、マレ地区のお屋敷散策。












どこも門が閉まってましたが、おとぎ話の世界に迷い込んだようでした。

同じ古いものでも、日本で神社仏閣を見た時とは、まるで違う感覚。

小さいころに見た絵本のお姫様や王子様、召使いやその子供とニワトリ。
道行く馬車には紳士と淑女、舞踏会へ。

パラパラと、一瞬で妄想の世界が広がります。

私は何役??
お姫様の友人で、オモシロ担当ということにします。
ジュン王子に憧れて、このお方の前に出ると、
ぽっと顔を赤らめちゃって。

ぬほほほほ〜ン。

センチメンタルを超えて、少しおかしくなってきた頃です。
(^O^)


さて、すっかりご機嫌を取り戻して、芸術鑑賞です。






















よくわかりませんが、偶然通りかかった場所。
どこだったのか、きっと有名な通りのはず。

ずらっと、ガラス張りのギャラリーが並んでいます。
前衛的な芸術作品が、先ほどのお姫様(の友達)気分を一変させます。

目が醒めた。
(*^_^*)


さあ、現実の世界(宿)へ帰りましょう。



帰りの地下鉄は、仕事帰りの人たちで結構混んでました。
といっても、座る席がない程度。
もちろん、ギューギューではありません。

乗換えの通路でかわいい後ろ姿を発見。

おー!
あれは、エリカラワンコ!!!

カメラを出して、追いかける!




追いかける!






キュート!!
やったねカメラ目線ゲット!

実際の犬種は不明ですが、
フランスで見つけたブルドッグだから
「フレンチブルドッグ」に違いないっ!!

しかも、エリカラ〜。
kyokoちゃん家のリク君がしてるヤツ!

「エリザベス祇い龍漾淵ラー)から来てる言葉よン」
とnanakoは云う。


後ろからの2ショットと、
なんとか正面から、許可ありで1ショット!

ワンコ好きなエクルのお客様達へのプレゼントです♪
(*^_^*)


****************************



ホテル最寄駅、すでに私にとっては「ホっとするステーション」
Europe駅に到着は8時半。


ホテルを少し通り過ぎて、スーパーへ。
9時にスーパーがしまるので急ぎます。

(*^_^*)





買えたよ。

スーパーも、いまやホッとする場所。

でも、どれも食欲をそそらない・・・・。

体がムクんでいて、お腹もパンパン。
あまり野菜を食べていないからかな。

つまみは買わずに、
初めて500mlのビールに挑戦です。

見かけ倒しで、普段は350mlも残す感じです。

zukkoちゃんが持たせてくれた都こんぶ、
いいね、いいね。


テレビ、良く分からないけど、ホテルに戻るとすぐ付けます。

先日から、気になっていたCMが始まったので、
カメラ、カメラ!















シャンソンぽいゆるい音楽をバックに、
黒帯の女性に、赤帯の男性がやられっぱなしの長ーいCM。
2分くらいずっとやられてる。

最後に、ちょっとだけ文字がでてくるのですが、
なんて書いてあるのかわかりません。

いったい何のCMだったのかな〜。

「がはは。」
と一人で声を出して笑ってしまった愛しのCMでした。



やっぱり、ビール、残ってしまいました。

今日も無事に終わりました。
(*^_^*)


また明日♪


<パリ最終日〜帰国>へ続く


仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 09:51 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記7<最終日〜帰国>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 7
<最終日〜帰国>

最終日、油断しました。
寝坊してしまいました!

ホテルから10分くらいの郵便局が
朝7時から開いているとのことでしたので、
早起きして、荷物を送る手続きをする予定でした。

キットや図案や生地などなど。
少しですが、
持って歩ける量をだいぶオーバーしてしまいましたので。






このマークが郵便局!
誠実で敏速なイメージ。
外国人の私にも、安心感を与えてくれました。




2つになっちゃった。

このオレンジの箱は3900円くらいで7kgまでの荷物を入れることができます。
簡単に組み立てられて、最後に一か所強力なテープでとめられるように
なっているのですが・・・・。

端っこが、すでに破けそう・・・。

スタッフの人に
「テープを貸してください」って言ったのですが、
「テープしなくても問題ない」と言われました。

でもでも、
どうしても心配。

「ねーねー、テープ貸してよぅ」とお願いしたのですが、
ないって、きっぱり断られました。

「じゃ、どこで売ってるか教えてください」

とオフィスベンダーのようなお店の場所を聞いて、
買いに行きました!

それがまた、迷った、迷った。

買って帰ってくるのに、30分くらいかかってしまいました。




テープで留めて、やっと梱包終了。
再度、重さをチェックされました。
7kgを少しオーバーしていましたが、
頑張りを認めてくれたからか、
テープでしっかり留めちゃってるからか、
「ま、ちょっとオーバーしてますが、いいですかね、特別ですよ」的な感じ。

ラッキー。

確信犯です!
なはは。
(*^_^*)

と、そんなこんなで、寝坊もひびいて、もうお昼前!


大変、大変!!

今日は最終日。
19時の飛行機で帰国しますよ。

結局、観光名所はどこにも行っていませんっ!
あ、オペラ観たか。
せめて、せめて凱旋門には登りたいのーっ!

急いでホテルに戻って、チェックアウトもしなければ。

あー、昨日のうちに荷物の整理もしておけばよかったー。
部屋はまだそのままです!!

来る時はかなり余裕のあったスーツケースも
パンパンになってしまって・・・。

持っていった
ミニカップラーメンも3つ残ってしまいました、
ルームメイキングをしてくれた女性がいたので、
「おいていくので、良かったら食べてください」とジェスチャー。

「メルシー♪」と言ってもらいました。
こんなチープな残りもので本当にすみません!!
こちらこそ「ありがとう♪」
(*^_^*)


チェックアウトも1時間オーバーしてしまい、12時。
荷物だけフロントに預けて、いざ凱旋門へ!

得意の地下鉄で「コンコルド駅」まで乗り継いで、
コンコルド広場からシャンゼリゼ通りを凱旋門まで約2キロくらいかな、
テクテク&キョロキョロと歩きました。

広場からは、遠くにエッフェル塔が見えました!

どよ〜ん。


ちょっとお天気が悪くなってきて、途中雨が。

どよよ〜ん。

「オーシャンゼリーゼ〜♪」な楽しい気分も半減・・・。

雨・・・。

とほほ。

折りたたみ傘を持っていて良かった。


スタート地点から、前方に小さく凱旋門が見えていましたので、
どんどん近ついて大きくなる感じ。

もしかしたら、直前まで地下鉄で行って、
どーん!とでっかい凱旋門!
の方が、より感動的だったかもしれませんっ!!

そっか、帰りにシャンゼリゼ通りを歩けばよかったか!

とはいえ、近くまで来たらやっぱり感動的!
大きいなぁ



ご存じのとおり、凱旋門の周りはぐるっと道路になっているので、
あの、門の下まで行けない!

「えーっ、横断歩道もないし・・・。」

むむむ。

・・・・・・・・。


またしても、人に聞きました。

解決!



地下鉄だと思っていた地下への入り口。

ここからいざ!



地下通路を通り、明りがさす階段を上がると、



じゃーん。

真下にでましたよー!

これこれ。

すごい迫力です。

さー、てっぺんに登ってみましょう。

屋上展望台まで、チケット10ユーロ。






いきなりパリ行きを決めたので、事前にちっともお勉強出来ず。

凱旋門だって、ざっくりしかわかりません。
ナポレオンが建てろって言って、完成前に死んじゃって・・・。
くらいの知識。

凱旋門やその他について「うんちく」を知っていれば、
もう少し感慨深い旅だったことでしょう。


この螺旋階段は、旅の終盤の疲れた体にはこたえるものでした。

前を行くアラブ系の家族が「ハーハー」言いながら
立ち止まって休むタイミングに合わせて、
20段くらいづつゆっくり登りました。

コンクリートの古い階段は、すべりそうで、
ちょっと怖かったです。
(帰りは特に!)

のぼりはじめて15分くらいかなぁ。




屋上へ到着!

このカメラではお伝えしきれませんっ!

雨は止んでいました!

あー。
maiさんが言っていたとおり、放射線状に広がる街。
美しいなぁ。



エッフェル塔は、やっぱり、どよ〜ん。

古い、鉄骨の塔ですヤン。
この古ぼけた色が、東京タワーと違う趣で良かったです。



10分くらい屋上でパリの街を上から堪能して・・・。

門の中(真下)で、お昼ご飯!

腹ペコ〜。

来る途中で買ったサンドイッチです。


*****************************

凱旋門の近くから地下鉄に乗りました。






太陽が!

何の建物というわけではないアパートメントもドーンと存在感があります。
思わずカメラを向けてしまいます。

さー。
凱旋門とエッフェル塔を見ることが出来たので、大満足でホテルへ。

と、その前に途中下車して、もう一軒「手芸屋さん」を見に行きます。

地下鉄「サン・ラザール」駅下車、徒歩2分の
「MODE & TRAVAUX」



え??
ここって!

なんと、先ほど荷造り用のテープを買いに来たオフィス文具店のとなりだったみたい・・・。

とほほほほ。
(いつもの「とほほ」より「ほ」が多めです)

ホントにとほほ。
方向感覚がまるでないので、こういうことが起こります。

気を取り直して、店内へ。




1階はクロスステッチがメイン。
キットや生地がたくさん。




エクルでおなじみの図案集もたっぷり。

いいですね〜。
こんな展示は見やすくてマル。

地下階には、毛糸などの糸やプリントの生地が。

街なかの良い場所にあるので、お客様も結構いました。

1時間くらい店内散策しました。

エクルでは扱っていないリコデザインの図案集を3冊、購入しました。



ここからは、知ってる道なので・・・・、
帰れます。

パリの街並みをしっかり目に焼きつけながら、
雨あがりの坂道をゆっくり歩いてホテルへ戻りました。

預けた重い荷物を受け取って6泊した「ホーム」、ホテルを出て、
一番近い地下鉄の駅へ。

「重ーい。」

こりゃ、地下鉄の階段ムリだな。

そうだ、初バス、乗ってみよう!

ちょうど、駅前にバス停が。

オペラ行きのバス、すぐ来ました!

乗りこんで安心して、車内でぼーっと外を眺めて・・・。
プランタンがとても素敵な建物だったので、窓にへばりついて見てたら・・・。

「オペラー」って聞こえたので、
あわてて降りたら、がーん。
1つ手前の「オーベラ」みたいな駅でした。

おーおーおー。
重いのにー。
5分くらい歩いて、空港直行の「ロワシーバス」の乗り場。

バスで40分くらい。
シャルル・ド・ゴール空港に到着です。

さようなら〜。パリ。

メルシー・・・・・。


********************************

帰りの機内はぐったり疲れて、爆睡でした。
とてもとても、刺しゅうなんて出来る感じではありませんでした。

12時間。
寝たり起きたり外見たり・・・。

機内食食べて、寝る。×2回。

********************************

無事に成田に着いたのは16時。

いろいろ手続きして、ケイタイ電話返却して。

純ちゃんに連絡できたのは、17時過ぎてしまいました。

ここから京成スカイライナーで上野まで。
そこからさらに新幹線で、仙台へ。

********************************



仙台駅まで純ちゃんに迎えに来てもらいました。

ながーい旅も完全に終了。
無事に我が家に到着です。

20時半。

なんとなんと(涙)

私の大好きな浜鮨のお寿司を買って来てくれていました。

アーリーガートー。

白いネタが大好き。
つぶ貝、エンガワ、イカ、タコ。

5人前を2人で「ウメーウメー」とたいらげました〜。

********************************

<最後に・・・>


今回、なにが私にパリ行きを思い立たせて、それを実行してしまったのか。
帰って来て10日以上が経った今は、もうわからなくなってしまいました。

行く前も、帰国後も
「なんで急に??」と聞かれるのですが。

うーん。
「そこにパリがあるから」的な?
うそ。
(*^_^*)

いつも行動に「どうして?」という理由がありません。
理由を言おうとして、理由を見つけることはよくあります。

仙台に来る少し前、お店をやろうと決めた頃から、
自分の意思に思えて、自分の意思ではないような。

イメージする流れに流されて、
不思議なグッドタイミングに遭遇することがよくあります。

40歳。お粗末ながらもいろいろな経験を積んで、
鼻たれ小僧は、やっと「本流」の岸にたどり着いたのだと解釈しています。

なるべく、流れに逆らわないように。

そのためには、これから年を重ねても、
決して「かたくな」にならない。
「かたくな=頑固」になると、沈みますよと。

柔軟に、柔軟に
生きたいと思っています。

ただ、イメージはいつも具体的です。


・・・・・・・・。


なんつってー。
ただ、パリに一人で行っただけなのにー。

ぬほほ。
なんだか、また哲子(哲学女)、理屈ぽくってすみません!!
(*^_^*)

知ったかぶりのコンコンチキです。
(???)

そんな感じで、
また流されて、途中でたどり着く「浮島=次の何か」を自分でも楽しみに、
一日一日を大切に過ごしていきたいです!

純ちゃん、心配かけてごめんね。
いつもありがとう。
心配しながらも、
にっこり優しく送り出してくれた主人に感謝します。

そして、
ブログを見てくださった皆さん、
いろいろ忙しいのに・・・。
本当にありがとうございました。
私事にお付き合いくださって、ありがとうございました。
本当に恐縮。すんませんっ。

エクルで
もっともっと、楽しいクロスステッチをご紹介していけるように楽しく頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(*^_^*)

旅の記録、
おわります。
ありがとうございました。




仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 20:57 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile