パリ「針の祭典へ」旅の記録:後記7<最終日〜帰国>
  仙台の刺しゅうカフェ「ECRU」のブログです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます!
ホームページはコチラです。 → 
http://ecru.me/


*****************************

パリ・「針の祭典2012」へ

旅の記録:後記 7
<最終日〜帰国>

最終日、油断しました。
寝坊してしまいました!

ホテルから10分くらいの郵便局が
朝7時から開いているとのことでしたので、
早起きして、荷物を送る手続きをする予定でした。

キットや図案や生地などなど。
少しですが、
持って歩ける量をだいぶオーバーしてしまいましたので。






このマークが郵便局!
誠実で敏速なイメージ。
外国人の私にも、安心感を与えてくれました。




2つになっちゃった。

このオレンジの箱は3900円くらいで7kgまでの荷物を入れることができます。
簡単に組み立てられて、最後に一か所強力なテープでとめられるように
なっているのですが・・・・。

端っこが、すでに破けそう・・・。

スタッフの人に
「テープを貸してください」って言ったのですが、
「テープしなくても問題ない」と言われました。

でもでも、
どうしても心配。

「ねーねー、テープ貸してよぅ」とお願いしたのですが、
ないって、きっぱり断られました。

「じゃ、どこで売ってるか教えてください」

とオフィスベンダーのようなお店の場所を聞いて、
買いに行きました!

それがまた、迷った、迷った。

買って帰ってくるのに、30分くらいかかってしまいました。




テープで留めて、やっと梱包終了。
再度、重さをチェックされました。
7kgを少しオーバーしていましたが、
頑張りを認めてくれたからか、
テープでしっかり留めちゃってるからか、
「ま、ちょっとオーバーしてますが、いいですかね、特別ですよ」的な感じ。

ラッキー。

確信犯です!
なはは。
(*^_^*)

と、そんなこんなで、寝坊もひびいて、もうお昼前!


大変、大変!!

今日は最終日。
19時の飛行機で帰国しますよ。

結局、観光名所はどこにも行っていませんっ!
あ、オペラ観たか。
せめて、せめて凱旋門には登りたいのーっ!

急いでホテルに戻って、チェックアウトもしなければ。

あー、昨日のうちに荷物の整理もしておけばよかったー。
部屋はまだそのままです!!

来る時はかなり余裕のあったスーツケースも
パンパンになってしまって・・・。

持っていった
ミニカップラーメンも3つ残ってしまいました、
ルームメイキングをしてくれた女性がいたので、
「おいていくので、良かったら食べてください」とジェスチャー。

「メルシー♪」と言ってもらいました。
こんなチープな残りもので本当にすみません!!
こちらこそ「ありがとう♪」
(*^_^*)


チェックアウトも1時間オーバーしてしまい、12時。
荷物だけフロントに預けて、いざ凱旋門へ!

得意の地下鉄で「コンコルド駅」まで乗り継いで、
コンコルド広場からシャンゼリゼ通りを凱旋門まで約2キロくらいかな、
テクテク&キョロキョロと歩きました。

広場からは、遠くにエッフェル塔が見えました!

どよ〜ん。


ちょっとお天気が悪くなってきて、途中雨が。

どよよ〜ん。

「オーシャンゼリーゼ〜♪」な楽しい気分も半減・・・。

雨・・・。

とほほ。

折りたたみ傘を持っていて良かった。


スタート地点から、前方に小さく凱旋門が見えていましたので、
どんどん近ついて大きくなる感じ。

もしかしたら、直前まで地下鉄で行って、
どーん!とでっかい凱旋門!
の方が、より感動的だったかもしれませんっ!!

そっか、帰りにシャンゼリゼ通りを歩けばよかったか!

とはいえ、近くまで来たらやっぱり感動的!
大きいなぁ



ご存じのとおり、凱旋門の周りはぐるっと道路になっているので、
あの、門の下まで行けない!

「えーっ、横断歩道もないし・・・。」

むむむ。

・・・・・・・・。


またしても、人に聞きました。

解決!



地下鉄だと思っていた地下への入り口。

ここからいざ!



地下通路を通り、明りがさす階段を上がると、



じゃーん。

真下にでましたよー!

これこれ。

すごい迫力です。

さー、てっぺんに登ってみましょう。

屋上展望台まで、チケット10ユーロ。






いきなりパリ行きを決めたので、事前にちっともお勉強出来ず。

凱旋門だって、ざっくりしかわかりません。
ナポレオンが建てろって言って、完成前に死んじゃって・・・。
くらいの知識。

凱旋門やその他について「うんちく」を知っていれば、
もう少し感慨深い旅だったことでしょう。


この螺旋階段は、旅の終盤の疲れた体にはこたえるものでした。

前を行くアラブ系の家族が「ハーハー」言いながら
立ち止まって休むタイミングに合わせて、
20段くらいづつゆっくり登りました。

コンクリートの古い階段は、すべりそうで、
ちょっと怖かったです。
(帰りは特に!)

のぼりはじめて15分くらいかなぁ。




屋上へ到着!

このカメラではお伝えしきれませんっ!

雨は止んでいました!

あー。
maiさんが言っていたとおり、放射線状に広がる街。
美しいなぁ。



エッフェル塔は、やっぱり、どよ〜ん。

古い、鉄骨の塔ですヤン。
この古ぼけた色が、東京タワーと違う趣で良かったです。



10分くらい屋上でパリの街を上から堪能して・・・。

門の中(真下)で、お昼ご飯!

腹ペコ〜。

来る途中で買ったサンドイッチです。


*****************************

凱旋門の近くから地下鉄に乗りました。






太陽が!

何の建物というわけではないアパートメントもドーンと存在感があります。
思わずカメラを向けてしまいます。

さー。
凱旋門とエッフェル塔を見ることが出来たので、大満足でホテルへ。

と、その前に途中下車して、もう一軒「手芸屋さん」を見に行きます。

地下鉄「サン・ラザール」駅下車、徒歩2分の
「MODE & TRAVAUX」



え??
ここって!

なんと、先ほど荷造り用のテープを買いに来たオフィス文具店のとなりだったみたい・・・。

とほほほほ。
(いつもの「とほほ」より「ほ」が多めです)

ホントにとほほ。
方向感覚がまるでないので、こういうことが起こります。

気を取り直して、店内へ。




1階はクロスステッチがメイン。
キットや生地がたくさん。




エクルでおなじみの図案集もたっぷり。

いいですね〜。
こんな展示は見やすくてマル。

地下階には、毛糸などの糸やプリントの生地が。

街なかの良い場所にあるので、お客様も結構いました。

1時間くらい店内散策しました。

エクルでは扱っていないリコデザインの図案集を3冊、購入しました。



ここからは、知ってる道なので・・・・、
帰れます。

パリの街並みをしっかり目に焼きつけながら、
雨あがりの坂道をゆっくり歩いてホテルへ戻りました。

預けた重い荷物を受け取って6泊した「ホーム」、ホテルを出て、
一番近い地下鉄の駅へ。

「重ーい。」

こりゃ、地下鉄の階段ムリだな。

そうだ、初バス、乗ってみよう!

ちょうど、駅前にバス停が。

オペラ行きのバス、すぐ来ました!

乗りこんで安心して、車内でぼーっと外を眺めて・・・。
プランタンがとても素敵な建物だったので、窓にへばりついて見てたら・・・。

「オペラー」って聞こえたので、
あわてて降りたら、がーん。
1つ手前の「オーベラ」みたいな駅でした。

おーおーおー。
重いのにー。
5分くらい歩いて、空港直行の「ロワシーバス」の乗り場。

バスで40分くらい。
シャルル・ド・ゴール空港に到着です。

さようなら〜。パリ。

メルシー・・・・・。


********************************

帰りの機内はぐったり疲れて、爆睡でした。
とてもとても、刺しゅうなんて出来る感じではありませんでした。

12時間。
寝たり起きたり外見たり・・・。

機内食食べて、寝る。×2回。

********************************

無事に成田に着いたのは16時。

いろいろ手続きして、ケイタイ電話返却して。

純ちゃんに連絡できたのは、17時過ぎてしまいました。

ここから京成スカイライナーで上野まで。
そこからさらに新幹線で、仙台へ。

********************************



仙台駅まで純ちゃんに迎えに来てもらいました。

ながーい旅も完全に終了。
無事に我が家に到着です。

20時半。

なんとなんと(涙)

私の大好きな浜鮨のお寿司を買って来てくれていました。

アーリーガートー。

白いネタが大好き。
つぶ貝、エンガワ、イカ、タコ。

5人前を2人で「ウメーウメー」とたいらげました〜。

********************************

<最後に・・・>


今回、なにが私にパリ行きを思い立たせて、それを実行してしまったのか。
帰って来て10日以上が経った今は、もうわからなくなってしまいました。

行く前も、帰国後も
「なんで急に??」と聞かれるのですが。

うーん。
「そこにパリがあるから」的な?
うそ。
(*^_^*)

いつも行動に「どうして?」という理由がありません。
理由を言おうとして、理由を見つけることはよくあります。

仙台に来る少し前、お店をやろうと決めた頃から、
自分の意思に思えて、自分の意思ではないような。

イメージする流れに流されて、
不思議なグッドタイミングに遭遇することがよくあります。

40歳。お粗末ながらもいろいろな経験を積んで、
鼻たれ小僧は、やっと「本流」の岸にたどり着いたのだと解釈しています。

なるべく、流れに逆らわないように。

そのためには、これから年を重ねても、
決して「かたくな」にならない。
「かたくな=頑固」になると、沈みますよと。

柔軟に、柔軟に
生きたいと思っています。

ただ、イメージはいつも具体的です。


・・・・・・・・。


なんつってー。
ただ、パリに一人で行っただけなのにー。

ぬほほ。
なんだか、また哲子(哲学女)、理屈ぽくってすみません!!
(*^_^*)

知ったかぶりのコンコンチキです。
(???)

そんな感じで、
また流されて、途中でたどり着く「浮島=次の何か」を自分でも楽しみに、
一日一日を大切に過ごしていきたいです!

純ちゃん、心配かけてごめんね。
いつもありがとう。
心配しながらも、
にっこり優しく送り出してくれた主人に感謝します。

そして、
ブログを見てくださった皆さん、
いろいろ忙しいのに・・・。
本当にありがとうございました。
私事にお付き合いくださって、ありがとうございました。
本当に恐縮。すんませんっ。

エクルで
もっともっと、楽しいクロスステッチをご紹介していけるように楽しく頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(*^_^*)

旅の記録、
おわります。
ありがとうございました。




仙台の刺繍カフェ「ECRU」はこちらです。→http://ecru.me

ネットショップ↓
クロスステッチ刺繍図案洋書の専門店「ECRU」(エクル)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

Posted by ECRU at 20:57 | パリの祭典 | - | trackbacks(0)

この記事のトラックバックURL
http://ecru-ecru.jugem.jp/trackback/180
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile